Home

疲れたなと思ったら黒酢が効きます

ホメオパシー健康法

ホメオパシー健康法は、同毒療法、同病療法と訳される療法で、ある症状を持つ患者に、健康な人間に与えたら、その症状と似た症状を起こす物質を薄くしたものを微量与えることで、症状を軽減したり治したりしようとする療法のことを言います。

黒酢に高血圧抑制の効果があることなども注目されていますが、レメディの効果にも期待が集まっています。

ホメオパシーでは、一般的にレメディと呼ばれる小さな砂糖粒に物質を溶かしたものを服用します。
レメディの種類は2000種以上あるとされていますが、その中で、応用範囲が広く、常用されるのは約40種と言われています。

レメディは、基本的に体にとっての毒物をごく少量含んでいます。

この毒物に対して意図的に体の抵抗を起こすことによって、自己治癒力を高め、本来あるべき方向へ肉体的、心理的、精神的な修正が行われると考えられています。

現在でも、ホメオパシーが有効であるという根拠を科学的に示すことができていない為、多くの科学者・医者が実際の治療効果については疑問視していますが、イギリス、ドイツ、フランスにおいては、健康保険の適用が認められていて、アメリカの国立補完代替医療センター(NCCAM)では、その有効性や有効性の有無に関する研究が行われています。

インドでは、アーユルヴェーダの長い伝統があるためか、受け入れられており、ホメオパシーの医師も多く存在します。

副作用が少ないことから好む人も多く、健康維持、健康増進を目的とした健康法として広く利用されています。

Return to page top